wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

理容師は水や薬剤による手荒れに悩まされ、それで挫折する方は結構いる

   

biyouin_roujin


働く女性の国家資格取得ストーリー。

ライフスタイルが変化する度に働き方に迷うことが多い働く女性にとって、国家資格は自分のスキルを証明する武器のひとつ。就職・転職・復職・独立のタイミングで有効に活用できます。

何か国家資格を取りたいけど、どんな国家資格がいいのかしら?

そんな悩める働く女性の少しでもお役に立てるよう、既に国家資格を取得して活躍する女性のストーリーをお届けします。

今回は、理容師免許を取得した働く女性のストーリーです。

小さい時は親と一緒の職業は絶対に嫌だと思っていたのですが、気がついたら理容師免許を取得していた

(その資格を取得したきっかけ)
自営業で両親が理容室やっていたのがきっかけで理容師免許を取得しました。

両親の後ろ姿を見ていたのもあって、髪の毛をいじったり、切ったりするのは大好きでした。

いたずらなんかもした事をありましたが、自営業な為にあまり休みがなくどこにも連れて行ってもらえない事から寂しい思いもした事があります。

自分が小さい時は親と一緒の職業は絶対に嫌だと思っていたのですが、気がついたら好きになってました。

進路を決める時には何がしたいか考えてみたら、頭に思い浮かんだのが美容師だったのです。

ですが、私の時代は競争率が高く、美容科が落ちてしまい、自営業を営んでいるという理由から理容科に回されてしまい入学という形になりました。

けど自分で決めたので後悔はありません。
 

理容師は水や薬剤でもの凄く手が荒れることに悩まされ、手荒れで挫折する方は結構いる

(その資格を取得する際や取得後に苦労・大変だったこと)
実際に働いてみたら、華やかな世界の裏側で技術職な為、技術の差が出始めました。

練習をしてもコツを掴むまでしばらくかかり大変でした。また、ずっと立ち仕事な為、働いてみて初めのうちは凄く過酷でした。

立っているだけだと眠くもなるし、脚はパンパンになるし、営業後には練習があり帰るのが遅くなり寝るのも遅くて大変でした。

あとは手荒れに悩まされました。水や薬剤でもの凄く荒れました。薬を塗ってもなかなか治らなかったです。手荒れで挫折する方は結構いますね。

理容師や美容師は、忙しくなるとご飯がなかなか食べられなくなります。

その為にかなり体重が減り、体力もなくなりました。太っていた人でも実際働いて10キロくらい落ちてしまった方もいます。
 

理容師免許は国家資格なので、いざとなればしっかり練習しなおせば一生使える資格

(その資格を取得して良かったこと)
国家資格なので、いざとなればしっかり練習しなおせば一生使える資格ではあります。

美容師よりも顔そりなどで評価される所もあるので、そこは良かったなと思います。

ちょっと難点なのは、美容室では働けないのでユニセックスサロンやオシャレな理容室を探して働くのが難点です。けれど、それ以外は美容師とやれる事はあまり変わりません。

良かった事は、おじさんに好かれれば早くスタイリストになれたりします。

失敗してもいいからやってみなと未熟な人でも技術をさせてくれました。普通なら練習して本番ですが、そこでそう言ってくれる方がいると自信がつきます。
 
(理容師免許)


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 国家資格で働く女性の職業 - , ,

  関連記事

女性弁護士が増え、女性ならではの視点で困っている人を助けたい

  働く女性の職業紹介シリーズ。 今回は、法律的な側面からアドバイスを …

人の生死を左右する責任が重くて辛くて逃げ出したい看護師の仕事

  働く女性の職業紹介シリーズ。 今回は、看護師として15年以上も働い …

歯科医師は開業医は経営的に、勤務医は妊娠や出産など体力的に大変な職業

国家資格を捨てて働く女性のストーリー。 今回は、結婚を機に歯科医師を辞め、嫁ぎ先 …

旅行関連のお仕事は労働時間が不規則で、時間拘束が長いから辛い

  国家資格で働く女性の職業紹介シリーズ。その職業を選んだきっかけ、そ …

患者の退院後の生活を考え、伴走者・先導者になることは相談支援の醍醐味

  国家資格で働く女性の職業紹介シリーズ。その職業を選んだきっかけ、そ …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社