看護師向け保険の加入10,000人突破!

看護師はライフスタイルの色々な場面において多様な働き方ができる

nurse2

 
国家資格で働く女性の職業紹介シリーズ。その職業を選んだきっかけ、その職業について嬉しかったこと・辛かったことなどを実話をもとにご紹介します。その職業に就くひとがひとりでも増えるきっかけとなれれば・・・

今回は、看護師として働く女性のストーリーです。
 

就職氷河期で一流大学を卒業しても就職が難しい時代だったため一生ものの資格を取ろうと決心

(看護師になったきっかけ)
私の高校生時代は、ちょうど就職氷河期と呼ばれ、日本の景気が悪く、一流大学を卒業しても就職が難しい時代でした。

そして、自分の将来を考え始めたときに、「このまま大学に行っても、そのあときちんと仕事を見つけることができるのだろうか?」という不安が強くありました。

就職で苦労している先輩方が、ニュースや新聞で「資格を持っていると強い」「何か手に職を付けておけばよかった」とインタビューに答えていたのが強く印象に残っており、私も、一生ものの資格を取ろうと決心し、その中でも、求人が常に多い看護師を目指すことにしました。
 

看護師の働き方は一つではなく、色々な場所で色々な内容の仕事があるため必ず自分にあった仕事に出会える

(看護師になって嬉しかった思い出・良かった経験)
幼いころからの私の欠点は、「飽きやすい」ということです。

そんな私ですが、10年以上看護師をずっと続けてこれたのは看護師という仕事の多様性のおかげだと思います。ひとつの職場に慣れてきて、退屈になっても、科を移動すれば、まるで違った職場になります。

新しいことを取得することに喜びを覚える私は、この、「科を移動して、新しい業務を覚える」というのが、大変ではありましたが、とてもやりがいを感じました。

さらに私は、ひとつの病院で科を移動するだけでは飽きたらず、病院を辞め、訪問看護、介護施設、企業看護師など様々な仕事をしてきました。それぞれの職場ごとに、勉強になることがたくさんあり、充実した生活を送ることができました。

看護師の働き方は一つではなく、いろいろな場所で、いろいろな内容の仕事があるため、必ず自分にあった仕事に出会えます。また、就職に困らず、すぐに新しい仕事を見つけられたということも、看護師になってよかったなと思う理由です。
 

毎日遅くまで残って翌日の準備をして、寮に戻ったら勉強をし、あとは寝るだけという生活が最初の一年は続いた

(看護師になった辛かった・苦しかった経験)
大学を卒業し看護師になって一年目は、大学病院に就職しました。

朝、先輩よりも早く学校に行って、受け持ちの患者さんの情報収集をし、使う薬や処置の方法等を調べて準備をしていましたが、先輩方に「この患者さんはなんでこの薬つかってるの?」や「今日の観察のポイントは?」等と聞かれ、うまく答えられないと、こっぴどく叱られて処置をやらせてもらえないこともありました。

毎日遅くまで残って翌日の準備をして、寮に戻ったら、勉強をし、あとは寝るだけという生活が最初の一年は続きました。

しかし、辛い一年をがむしゃらに頑張って、乗り越えると、仕事の流れや、いろいろなことがスムーズに見えてくるようになり、
一年目の終わりには、一人でほとんどの仕事をこなし、余裕さえも少しずつ生まれてきました。
 

看護師はライフスタイルのいろいろな場面において多様な働き方ができるので、是非お勧めしたい仕事

(看護師を目指す方に一言)
看護師という仕事は、日本全国どこに行っても、すぐに仕事を見つけることができる数少ない職業の一つです。

ライフスタイルのいろいろな場面において、多様な働き方ができるので、是非お勧めしたい仕事です。
 
(看護師)