看護師向け保険の加入10,000人突破!

早婚の場合、周りのママ達との年代が違ってしまい中々打ち解けられない

nayamu


働く女性の結婚ストーリー。

働く女性にとって結婚のタイミングは気になるところ。バリバリ仕事を続けたいけど結婚するとどうなるの?出産・育児のことを考えると早い方がいいの?これってすごく悩む。

でもなかなか聞き辛いことだから誰か教えて!

働く女性の結婚体験談から早婚・晩婚のメリットとデメリット双方を共有し合って、結婚に悩む働く女性の少しでもお役に立てれば・・・※何歳までが早婚で何歳からが晩婚なのか定義は曖昧なのでここでは本人に判断してもらっています。

今回は、22歳で結婚した働く女性の結婚ストーリーです。

家庭ができることで仕事に対してもやる気が出て、人間としてもしっかりするのが早婚のメリット

(早婚のメリット)
早婚の良さは子供を作る場合、若いうちの方が体力があるため育児がしやすいことです。

パートナーと支え合いながら、安心して仕事できますし、家庭ができることで仕事に対してもやる気が出て、人間としてもしっかりすると思います。

安定した家庭が築けていれば、帰る場所があるというだけで、仕事の効率も上がります。毎日の自分のライフスタイルを構築しやすいので未来の設計も現実的に考えることもできます。

近くに相談出来る人がいるので、アドバイスがもらえ孤独を感じることもありません。

1人でしていたことを分担できれば、疲れも軽減されるのではないでしょうか。そして、人に対して思いやりが持てると思います。

家事や育児をやるようになると、女性らしさも出ると思います。
 

早婚だと自分の年齢が若いため、周りの奥さん方とも年代が違ってしまい、打ち解けられないこともある

(早婚のデメリット)
早婚だと、家庭のことが気になってしまい仕事に集中できないことも出てきます。

悩みも二倍になるので、自分のことだけ考えていられません。パートナーの都合も考えて仕事をいれなくてはいけません。

そして、とにかく時間がない為、仕事の融通をきかせるのも難しくなります。
自分の時間がとれずに、周りが羨ましく思える時もありますし、誘いも断ることが多くなるので色々なことを我慢しなくてはいけなくなります。

外に出るということもなかなかできないので、周りとも少し距離ができてしまいます。

早婚だと自分の年齢が若いため、周りの奥さん方とも年代が違ってしまい、打ち解けられないこともあります。年齢が若いというだけで周りからのプレッシャーも受けることがあります。

金銭の面でも、理想的な収入を得て生活していくことも難しいです。
 

仕事が落ち着いてからと考えてるとタイミングを逃してしまうので、そういう人が出てきた時に決めるといい

(結婚のタイミングに関してアドバイス)
直感的にこの人だと思った人には本音で話してみるといいと思います。

仕事をしっかりしている女性は強い印象ですが、弱音を言ってもしっかり聞いてくれる人は結婚を前向きに考えてる人だと思います。

仕事が落ち着いてからと考えてるとタイミングを逃してしまうので、そういう人が出てきた時に決めるといいと思います。

仕事のことは二人で考えていけばいいので、自分のことを後回しにしないで、安定したいと思った時に本音を言ってみたらどうでしょうか。
 
(22歳で結婚)