wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

私がベビーシッターに我が子を預けない理由(1)

      2014/11/28

baby

 
働く女性にとって、子どもを誰かに預けたいシーンは度々訪れる。
子どもが熱を出したけど仕事を休めないとき。急な残業で保育園のお迎えに間に合わないとき。ちょっと美容室に行きたいときなど。

夫や両親や信頼できるひとがどうしても都合がつかないとき、あなたはベビーシッターに我が子を預けますか?

今回は、ベビーシッターには「預けない」というママの意見をまとめてみました。
 

ベビーシッターがどんなひとか知らないので預けるのは不安

やはり、知らない人に我が子を預けることは心理的障壁が高い方が多いです。ベビーシッター側の情報をどこまで開示しても信頼関係ができるまでは抵抗がありそうですね。

ベビーシッターがどんな人かわからないからです。何かあった時に怖いと感じるから。保育園の一時預かりとかの方が安心できそうなので。

子供を預けるのに、知らない人に頼む気にはならないです。ニュースにもなっているように、トラブルに巻き込まれるかもしれないし、なにより、子供が知らない人に懐かないと思います。

よく知らない相手に、大切な子供を預けたいと思えないです。育児休暇をとるとか家族の協力を仰ぐなど、まず自分でどうにかします。

その人をよく知らないと個人に預けるのは不安です。保育所の方が集団のなかで社会性が育つのと、他人の目があるので虐待とか無さそうなので。

知り合いのベビーシッターだったら良いが全く知らない人だと信用があまりできなさそうだから。
もし、利用せざるを得ないとすれば、きちんと信頼できるか、とても調べるか、一度お話を聞いたり会ってからできるならしてみたい。

知らない人で資格もないベビーシッターに大事な子供を任せて何かあったときの責任を取れるのか、心配で預けられない。

 

子どもを預けるだけでなく、自宅にあげることにも抵抗がある

自分自身がいない状態で自宅にあげるということにも抵抗を感じるママの意見も多かったです。子どもにとっては慣れた環境が良いはずなので、難しいですね。

預けたい気持ちは山々なのですが、やっぱり防犯上とても心配です。
相手のお宅に預ける場合でも、自分の自宅で見てもらう場合でもイマイチ信用できないというのが正直な気持ちです。また、子供とシッターさんが1対1になるので、何をされているかわからないと考えると預けられません。

保育園ならまだしも、知らない人に一時的に預かってもらうのは、信用しきれないし、そもそも自宅にあげたくないから。

自宅に知らない人がきて過ごされるのが不安。信用していないわけではないが、勝手に色々自宅の物を触れるのが嫌です。
保育園などと違い他者の目がないので不安がとても大きいです。

できるだけ手がかかる時は、家族で育てたい。
他者が、自宅で子供の面倒を見るとか、色んな事件がある中で、子供を単独で知らない人に預けることに不安だと思ってしまう。
頼みたい気持ちはあるが、ベビーシッターにもいろんなタイプのひとがいると思うのでやはり他人が自宅に入る事に抵抗がある。

第一に、自分が居ないときに知らない人に自宅に入られたくない。また、見知らぬ人に大事なこどもを預けたくない。

ベビーシッターからの虐待という話も聞くし、お家に入られて中を見られたり触られたりするのも怖い。自分の子が他人に抱かれるのもなんか嫌な気がする。

 

第三者の目が行き届かない環境で子どもとベビーシッターだけは不安

他の誰かが見ている環境であるということがやはり重要ですね。特にしゃべることができない乳児期は報告ができないので不安しかありません。

自宅に知らない人が来て子供と二人、という設定に不安がある。施設であれば責任者が管理して、他の人の目もあり最低限のことは守られるのではないか

ベビーシッターというのは特殊だし。ベビーシッターと子供だけ、その他の人の目がないの環境なので預けたくない。
子供も元気が良すぎて、何でも素直に言うことを聞くタイプではないので、親でも手を焼いています。シッターさんも人間なので、その時の感情でどういう行動になってしまうか分かりませんし、よっぽどではないと信用できないと思う。

信頼関係が成り立っていないので預けたくない。シッター一人に我が子一人だった場合何をされるか分からない。他人の目がある保育園の方が良いと思う

閉鎖的な環境におきたくない。何かあってもしんじつが明らかにならない可能性があり、不安人となりが分からないから怖い

他人に預けるなんて怖いです。何かされてからではなく、何かされるかもしれない状況を作りません。家族に頼みます。もしくは保育園などの沢山の目のあるところに預けます。

他人に任せるのは怖い。見てない間に何が起きるかわからなし、しゃべれない赤ん坊相手だと聞くこともできづ不安。

他人に預けること自体に信用してません。保育園などは他にも教諭がいるので安心できますが、ベビーシッタは一人になるので信用できません。まして資格が本物なのかも信用できません。そのため預けようと考えたことはない。

個人に預けるのは不安であるから。また、何をされても、まだ小さくてしゃべれない子だと何も報告できないので

十分に信頼できるベビーシッターであると確認できる人であればお願いしたいと思うけれど、昨今の事件などを見ているとある意味、隔離された、周りからの目の届かない環境で、自分の子どもを預けられるかというとそこまで信頼することができない。

 
いかがでしたか?
子どもを預けたいというニーズはあるものの、ベビーシッターに我が子を安心して預けるにはまだまだ課題がありそうですね。
保育園の「一時保育」などまだまだ浸透していないサービスもあるのでいくつか検討&準備しておくとよいと思います。
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 特集記事・まとめ - ,

  関連記事

ワーママは子供のご機嫌や体調不良に振り回されることが多いから大変

  wowomolifeのこれまでの記事よりワーキングマザーの苦労・大 …

バンジージャンプでの非日常体験は達成感と自信をゲット!

  働く女性にとって、職場での人間関係はストレスが溜まる一方。人間関係 …

ハイキング・トレッキングは自然の中で癒されながら自分探しできる趣味

  ハイキング・トレッキングは登山ほどハードではなく老若男女、誰でも気 …

花や植物は気分を落ち着かせてくれる存在。話題づくりにも最適な趣味。

  働く女性の趣味シリーズ。仕事や子育てで時間は限られているけど、やっ …

wowomolifeへようこそ

wowomolife へようこそ。 はたらく女性やワーキングマザーに役立つサイト …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社