wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

子育て後から定年まで幸せに過ごすには、子育て期の自分軸が大事

   

syussan_akachan

 
先輩ワーママの皆様教えてください!

今は仕事に育児に家事と目の前のことで精一杯ですが、子育てしながら働くことの良さやあのときの後悔を。

今回は、18歳男子・12歳女児・9歳女児の3人の子供をもち専門職で働く元ワーキングマザーの体験談です。
 

自分自身の生き方について考えたり悩んだりしたことが何よりの財産

(子育てから学んだこと・成長したこと)
自分の生き方について考えたことが多かったです。

独身の時は働くのか家にいるのか、という二者択一だったけれど、家にいてどうしたいのか、どういう風に働きたいのか、家事分担を家族にもしてもらうことなど、具体的に自分が越えていかないといけないことについて自分自身が考えたり悩んだりしたことが何よりの財産だなと思います。

我慢をさせていたところもあるように思う反面、もっと我慢させてもよかったかもと、子どもとの関わり方の”ツボ”みたいなことがなかなか分からず大変でしたが、子どもも自立が早かったように思っています。

そして、社会の中でのお母さんのあり方や働く女性の在り方など本当に多様で、自分軸でどういう風に生きていけばいいのか自分で決めたらいいんだなと思っています。
 

長男のときと比べ2人目以降は仕事に軸足が傾いてしまったことを後悔

(子育てで後悔していること)
長男は割と若くて仕事しつついろいろ工夫をして、家事、仕事子どものことをやっていたけれど、二番目以降は手抜き感もあったかもしれないと思います。

長男のときは、仕事を上手にコントロールして、おけいこ事や模試、イベントなどいろんな所にも出かけていたし、家族の時間もたくさん持っていたけれど、2人目以降は少し仕事に軸足が傾いてしまった気がします。

1人目と2人目の間が空いたことがちょっと残念。

思えば、子育て期とある意味あきらめて、もっと仕事に傾注して2人を連れまわすような感じにしたら、もう少し効率も良かったかなと思っていいます。

意外と保育園後の小学校の時の方が子供との時間が求められた気がします。

おけいこごとの送迎とか工夫しないと、おけいこさせてあげるのは低学年からが良く、高学年で始めるのは遅いと思います。
 

仕事・子育て・妻と悩みは尽きないけど自分らしい働き方がベスト

(現役ワーキングマザーへアドバイス)
仕事なのか・子育てなのか・妻なのかなどなど悩みは尽きないのだけれど、私であることは間違いがなく、自分がやりたいことをやりたいように、他の目線や言葉をあまり鵜呑みにせず、自分らしい働き方がベストだと思います。

自分が子育てだからとあきらめてしまうことでキャリアを先送りしたら、例えば40歳を過ぎて、子育てが一段落しているけれど、仕事が閑職とか、そういうのもとても残念です。

40歳を過ぎて60歳の定年までハッピーでいるためには、子育て期の自分軸は大事です。
 
(3人の子供をもち専門職で働く元ワーキングマザー)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 先輩ワーママからアドバイス - ,

  関連記事

出産・育児と毎日挑戦と奮闘する中で、自分が別人と思うくらい成長した

先輩ワーママの方教えて! 子育てを終えた今だからこそわかる子育てしながら働くこと …

ママが働くから生活やママの気持ちが安定するのは子供にとって大切な事

  先輩ワーママの皆様教えてください! 子育てをしながら働くことの良さ …

子育てを通じて周りのママ友たちとの調和を大事にする事を学んだ

先輩ワーキングマザーの方教えて! 子育ての本当の素晴らしさと子育ての失敗談を。 …

仕事と育児の両立は難しいので、できない事は周りに助けてもらえばよい

  先輩ワーキングマザーの方教えて! 今は目の前のことで精一杯だけど、 …

働きながらの子育ては大変も、その分自分も子供も一緒に成長できる

  先輩ワーキングマザーの方教えて! 子育てを終えたから気付いた子育て …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社