wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

ワーママの転職は自分のライフスタイルにあった仕事を探すのが一番

      2015/03/22

sentaku

 
ワーキングマザーならではの転職体験談。

仕事と育児の両立ってホント大変。仕事を変えて今より少しでも状況が良くなればなんて悩むことも多いはず。そんなワーママの転職活動も子供がいるとこんなにも・・・独り身のときの転職とは何もかもが違った。

今回は、中小企業の経理からクリーニング受付店員に転職して働く女性の転職体験談をご紹介します。
 

経理の仕事は休むことが難しく、また残業が多いのでもっと自分の時間が欲しいと感じて転職に至った

(転職に至ったきっかけ・理由)
経理は間違ってはいけない仕事ですから適度な緊張感をもっていました。また、経理の私が休んでしまうと沢山の方に迷惑がかかるということと、私のポジションを代行できる方がいなかったので休むという選択肢は作れませんでした。

また、伝票が多い月や多い日は残業が多くなります。

家に帰る時間が遅くなりそうなときは、仕事を持ち帰って子供の世話や家事を済ませてから、寝る前にパソコンで仕事をすることも
しばしばありました。もっと自分の時間が欲しい、そう感じて転職に至りました。
 

資格もなく年齢も年齢だったので、転職活動の前に受かるかどうかの不安を感じていた

(ワーママとしての転職活動で不安だったこと大変だったこと)
私の場合、ありがたいことに毎回お世話になっていたクリーニング店の方との会話で転職の事を話していたこともあり、是非面接にというお声掛けを頂くことができましたので、転職活動をするというストレスはありませんでした。

ですが、やはりこのお話がない時は、「きちんと仕事を覚えられるか」「家事との両立ができるか」「職場の雰囲気に馴染めるか」そんな悩みで夜眠れなかったこともあります。

年齢も年齢ですので、まずは転職活動の前に受かるかどうかの不安を感じておりました。

資格を持っていれば有利だなと感じることもあって、まずは転職活動前に何か資格にチャレンジしようとも考えましたが、資格はお金と時間が必要ですし、難しいなと感じました。
 

シフト勤務にしたことで自分の時間が取れるようなった。転職は自分のライフスタイルにあった仕事を探すのが一番。

(転職して良かったことや後悔してること)
転職して、シフト制になったこともあり自分の時間が取れるようになりました。

内緒ですが、今日もお仕事ですなどと言って、主人に数時間だけ子供のお世話を頼んでスポーツジムに通う余裕もできています。

自分のライフスタイルにあった仕事を探すのが一番です。また、コミュニケーションが多い職場に移動したこともあって、毎日沢山の方々とお話しながら仕事できるので本当に楽しく過ごしています。

あまり選ぶ基準にならないかもしれませんが、我が家は子供たちがお留守番できる年頃なので、午後から出勤して19時に仕事を終えるシフトもあるので、朝のうちに夕食を準備して帰ってからすぐに夕食も食べられ、朝がゆっくりできるので心の余裕も違います。
 
(中小企業の経理から、クリーニング受付店員)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - ワーキングマザー(ワーママ)の転職 - ,

  関連記事

チャイルドマインダーの学校へ通うために主人に頭を下げてお願いした

  働くママならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント大変。仕 …

小学生の親の果たす役割は多く、時間に余裕がある働き方がベスト

ワーキングマザーならではの転職体験談。 今回は、事務職正社員から事務パート、現在 …

希望条件と合う求人が無く、転職先が決められない苛立ちに不安だった

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

ワーキングマザーの転職では子供が体調を崩した際の対応方法は必須の質問

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

育休明けの転職は初めての会社に初めての保育園で精神的に大変でした

ワーキングママならではの転職体験談。 仕事と育児の両立って本当に大変だから、今の …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社