看護師向け保険の加入10,000人突破!

面接はおろか電話応募の時点からお子様はいらっしゃいますか?と質問

nayamu

 
ワーキングマザーならではの転職体験談。

仕事と育児の両立ってホント大変。仕事を変えて今より少しでも状況が良くなればなんて悩むことも多いはず。そんなワーママの転職活動も子供がいるとこんなにも・・・独り身のときの転職とは何もかもが違った。

今回は、保育士から給食の世界へ転職した働く女性の転職体験談をご紹介します。
 

小学校にあがるタイミングで学童だけでは預ける時間が足りないことが判明。悩んだ末に・・・

(転職に至ったきっかけ・理由)
私は元々フルタイムで仕事をしていました。

しかし、こどもが小学校にあがるタイミングで、学童だけでは預ける時間が足りないことが判明しました。悩んだ末、しばらく一人で考えこんでいました。

しかし当然答えは出ず、こどもに相談したところ、学校から帰ってくる時間に家にいてほしいと言われました。今まで保育園では顔に出さなかったので、我が子は本当はさびしいんだなと気が付きました。

そんなこどものまっすぐな意見に、自分もまた、いてあげたいと思ったことがきっかけです。
 

転職してすぐは有給が少ないから働き易さより休み易さにポイントを置いて転職活動をした

(ワーママとしての転職活動で不安だったこと大変だったこと)
子育て真っ最中の母親であることがとても不安でした。

面接はおろか、電話で応募の時点でも、お子様はいらっしゃいますか?と質問を受けました。

こどもがいるということは、こどもが急病のときに退社したり、具合が悪ければ仕事を休むだろうという目で見られるということを痛感しました。先方さんのご理解がないと転職は厳しいものです。

特に、転職してすぐは有給もありませんし、休ませてくださいというにも言えないので、選ぶ自分も、働きやすさというよりは、休みやすいかというところにポイントを置いて転職活動しました。

しかし、世の中はそう甘くなく、当日一人でも休まれると困りますというところが大半でした。こどもを抱えず、一人の身なら簡単に就職できるのになぁとイライラすることも多かったです。
 

短時間勤務で家に戻ることで、こどもの心身が安定しているように見えるから転職して良かった

(転職して良かったことや後悔してること)
元々保育士としてフルタイムで働いていました。

今ではこどもが学校に行っている間の4時間ほどのパートです。収入こそ減ってしまい、生活はその分苦しくなっていきましたが、なにより、私が短時間勤務で家に戻ることで、こどもの心身が安定しているように思います。

帰ってくれば母がいるということが、こどもには大変大きな支えであることを痛感しました。

そのおかげか、学校で友人とのトラブルもなく、楽しそうに通ってくれています。そういうニコニコしているこどもの姿を見ると、転職してよかったのだなぁと思います。
 
(保育士から給食の世界へ)