wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

不妊治療は金銭的・肉体的・精神的にきついから結婚は早い方が絶対有利

   

marriage


働く女性の結婚ストーリー。

働く女性にとって結婚のタイミングは気になるところ。もちろん、自分ひとりだけで決められることではないけど・・・
仕事をもう少しバリバリやりたいけど結婚するとどうなるの?子供のことを考えると早い方がいいの?これってすごく悩む。

でも、結婚は早い方がいいの?遅い方がいいの?ってなかなか聞き辛いことだから誰か教えて!

というこで、働く女性の結婚体験談から早婚・晩婚のメリットとデメリット双方を共有し合って、結婚に悩む働く女性の少しでもお役に立てれば・・・
※何歳までが早婚で何歳からが晩婚なのか定義は曖昧なのでここでは本人に判断してもらっています。

今回は、26歳で結婚した働く女性の結婚ストーリーです。結婚後の4年間は仕事に専念したことでの後悔がすごく伝わってくるストーリーです。

子供を授かる可能性が高く、子供の教育費や兄弟の間隔など家族計画をゆったりと考えられるのが早婚のメリット

(早婚のメリット)
早婚の場合、体が若い分、子供を持てる可能性がより高い。

卵子の質が年々低下していく事を考えると大学卒業してすぐに結婚、出産してもいいくらい。

また、自分に合った伴侶に出会えていた場合、将来のことを早い段階で見通せる。夫婦とも働ける年数も長く残っているので、子供がいる場合、教育費などの計画が立てやすい。子供を持てる残り時間も比較的長いので、兄弟の間隔を何年開けるか、など、ゆったりと考えることもできる。

晩婚の場合、十分な社会経験を経ていることが多いので、落ち着いて伴侶を見極められる。ある程度、人間として成熟期に入っているので、相手に対して比較的大らかに接することができる傾向があるのではないか。仕事の上でも一定のキャリアができていることが多く、貯蓄も比較的あるので、無理のない結婚生活をスタートできる。
 

転職したくても結婚していて子供もいると、選択肢の自由度が少なくなるのが早婚のデメリット

(早婚のデメリット)
早婚の場合、情熱だけで結婚してしまいがち。冷静な伴侶の見極めができる人が少ないかもしれない。

仕事の経験が短いまま結婚するので、仕事に慣れることと、相手との生活に同時に慣れることが必要で、安定するまで時間が掛かるかも知れない。また、転職したくても結婚していて子供も早くもうけていると、選択の自由度が少なくなる。

晩婚の場合、そして子供を育てたい場合、卵子の老化は個人差はあるが年齢に比例するので、不妊治療をすることになる可能性が高くなる。

不妊治療は金銭的にはもちろん、肉体的、精神的に本当にきつく、不妊治療患者が増えている現状は晩婚傾向にあることが主な理由。また、子供を持てたとしても、そこから育てるのには、働ける年数が若い夫婦より短いことを考えて教育資金などの資金計画を綿密に立てなければならなくなる。
 

医療技術も発達しているけど、妊娠のことを考えると結婚は早い方が絶対的に有利

(結婚のタイミングに関してアドバイス)
私はタイミングとしてはどちらかというと早い方がいいと思います。

それはやはり妊娠のことを考えるとそのほうが絶対的に有利です。今は医療技術も発達していてかつて不可能だったことが可能になってきてはいます。それでもできれば若い方がいいと思うのです。

私は26歳で結婚しましたが、結婚後に4年契約の仕事を始めました。30歳でもまだまだ子供は持てると思ったので、4年間は夫がどれだけ子供を欲しがろうとも、4年間は待って、と言っていました。

4年契約は無事満了しました。でも、その後、一向に妊娠せず、1年後、不妊治療に通い始めました。そこでも二人ともそれぞれどこも悪くないと言われていたのですが、そのうち、卵子の老化の為、うまくいかなくなってしまいました。単に夫婦の相性の問題だったのかもしれませんが、どうしても、その4年にこだわりすぎたことを一生後悔すると思います。

若いうちにキャリアを積んでおかないと後の人生に繋がらない、そういう世の中なので、仕方がないと思います。でも、のちの自分の人生にどうしても子供がいてほしい、と強く思うのなら、今は、卵子凍結という方法もあります。やはり若いほどいいのです。

結婚していれば、伴侶との受精卵凍結ができます。でも子育てするにも体力が必要なので、自分の反省や後悔からいうと、先に子供、それから仕事、にするべきでした。

そのためには子育てが一段落した女性たちを新入社員として歓迎するのが一般的な社会になるべきだとも思います。大学などももっと社会で即戦力になるような職業訓練を課して、資格などをしっかり取らせて、卒業時点で一定の自信を持たせることが大切だと思います。

どうか後悔するようなことがないように、その都度、その都度、立ち止まって、まず自分はどうしたいか、どう生きたいのかを自問しながら、自分の人生を生きてください。

私は不妊治療で色んな事を諦めてしまいました。治療日は突然決まるので、スケジュールも決めづらく、せっかく内定した仕事も、のちのち迷惑をかけてしまうのではないか、と取り越し苦労して辞退してしまったりしました。こんな思い、もう誰にもしてもらいたくありません。

うちの場合は、若干、夫のほうが子供を欲しがる気持ちが強いです。そういう話し合いも結婚前に十分にしておくべきでした。この人、という人がいたら、ぜひ、たくさんお話してください。私は早く結婚したのにたった4年とはいえ、待たせてしまったこと、本当に申し訳ない気持ちです。

身体のメカニズム、身体にいいこと、身体にいい食べ物などの知識はたくさん持っているほどいいと思います。婦人科も女医さんもいらっしゃるので、結婚前から検査などに定期的に行っていただきたいです。

幸せな結婚生活が待っていることを心からお祈りしています。
 
(26歳で結婚)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 働く女性の結婚のタイミング - ,

  関連記事

子育てと親の介護が重なっていたら…と考えると、早く結婚して良かった

  働く女性の結婚ストーリー。 働く女性にとって結婚のタイミングは気 …

いつか結婚したいと願うなら、そのタイミングは早いに限る。なぜなら…

  働く女性の結婚ストーリー。 働く女性にとって結婚のタイミングは気 …

自分の時間を満喫できたので家事や子育てに時間をとられても悔いはない

  働く女性の結婚ストーリー。 働く女性にとって結婚のタイミングは気 …

晩婚の場合、世間の目が厳しく仕事人間だから…と可哀想な目で見られる

  働く女性の結婚ストーリー。 働く女性にとって結婚のタイミングは気 …

結婚のタイミングは子供とキャリアの理想や方向性を明確にすることが大事

  働く女性の結婚ストーリー。 働く女性にとって結婚のタイミングは気 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社