wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

ワーママは家庭生活を考えて、希望通りの求人に応募するのさえひと苦労

   

syukatsu_shigoto_sagashi-2

 
ワーキングマザーならではの転職体験談。

仕事と育児の両立ってホント大変。仕事を変えて今より少しでも状況が良くなればなんて悩むことも多いはず。そんなワーママの転職活動も子供がいるとこんなにも・・・独り身のときの転職とは何もかもが違った。

今回は、メーカーの入力事務から金融関係の一般事務に転職して働く女性の転職体験談をご紹介します。
 

子供の事を思い15時までのパートにしたのに、データ入力業務にストレスと疲労を抱えてしまい転職を決意

(転職に至ったきっかけ・理由)
子供が小学校に入ったのをきっかけに9時~15時、土日祝休みと条件が良さそうなデータ入力のパートにつきました。

休みなどの融通もきき、条件などはよかったのですが、データ入力なので休憩なしの締切り時間厳守でPCとずっとにらめっこ状態に、すごいストレスと疲労を抱えていました。

子供が学校から帰ってくる頃には帰宅できたとしても、身体の疲労感が半端なく、すぐ寝てしまったり、習い事の送り迎えと夕食作りで手いっぱいで、勉強やピアノをみてあげたり等全くできませんでした。

子供との会話も減っていき、「疲れてるから休ませて~」が口ぐせになってしまい、完全にコミュニケーション不足に。

子供の事を思って15時までのパートにしたのに、これでは本末転倒だと、転職を決意しました。
 

家庭生活を第一に考えて、自分の希望条件に合った土日祝休みの平日短時間の求人に応募するのさえひと苦労

(ワーママとしての転職活動で不安だったこと大変だったこと)
前職が久しぶりの復職だったので、自分の体力が衰えているからすごく疲れていたのか、目を酷使する仕事内容が自分に合わなかっただけなのか、判断できずにいました。

せっかく転職しても、また疲れすぎて子供の相手や家事ができないのでは・・・という不安がありました。

条件に合った求人があったとして面接では、一見待遇が良さそうな前職の退職理由を聞かれた時になんて答えようと悩んでいました。

15時までの仕事だったのに、疲れすぎて無理でした、とは言いにくいので。能力がないと思われないか、等いろいろ考えていました。

やっぱり家庭生活を第一に考えて、自分の労働時間を減らすことにして土日祝休みの平日4時間位の勤務の仕事を探していましたが、これがなかなか見つからない。自分の希望条件に合った仕事に応募するのさえひと苦労でした。
 

転職して思った事は、自分が何を一番にしたいかを優先して仕事を探すことも大事だという事です

(転職して良かったことや後悔してること)
金融関係の一般事務に転職してよかったことは、仕事の半分が立ち仕事でPCを使わないこと。

座りっぱなしのデータ入力より、自分には合っていたみたいです。

また9時~13時までの勤務でお昼休憩を挟まないので効率的に時間をこなし、早く帰れるので気持ちに余裕ができました。

疲れたときは子供が帰ってくるまでにひと眠りできます。

大変になった事は通勤時間ですが、15分ほど長くなったので、天災などがあった時にすぐに子供を迎えにいけないという不安があります。

転職して思った事は、自分が何を一番にしたいかを優先して仕事を探すことも大事だという事です。私の場合は、元気に子供と向き合えるかどうかでした。
 
(メーカーの入力事務から金融関係の一般事務に転職)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - ワーキングマザー(ワーママ)の転職 - ,

  関連記事

ワーママは勤務時間や子供の急病のことなど面接での受け答えに悩む

ワーママならではの転職体験談。 今回は、役所の臨時職員から社会保険労務士事務所の …

面接はおろか電話応募の時点からお子様はいらっしゃいますか?と質問

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

子供がいると転職の条件が限られるので自分に合った職探しが難しく大変

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

職場は未婚の先輩女性ばかりで肩身が狭かったので転職を決意

ワーママならではの転職体験談。 今回は、生命保険会社の事務から建材メーカーの営業 …

小学生の親の果たす役割は多く、時間に余裕がある働き方がベスト

ワーキングマザーならではの転職体験談。 今回は、事務職正社員から事務パート、現在 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社