wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

待機児童も多かったので、保育園の入所決定通知が届くまではドキドキ

   

ehon_hahako

 
ワーキングマザーならではの転職体験談。

仕事と育児の両立ってホント大変。仕事を変えて今より少しでも状況が良くなればなんて悩むことも多いはず。そんなワーママの転職活動も子供がいるとこんなにも・・・独り身のときの転職とは何もかもが違った。

今回は、IT関連会社の管理職からベビーマッサージ教室に転職して働く女性の転職体験談をご紹介します。
 

ノルマを達成できない悔しさなどもあったけど、一番はもっと子供との時間を大切にしたいと思い転職に至った

(転職に至ったきっかけ・理由)
小さい子供を2人抱えての勤務の為、保育園のお迎えや病院などで勤務時間も限られていたこと、そして子供が熱をだしたりして、早退しなくてはいけないこともしばしば。。

仕事場は男社会だった為、育児の事はあまり理解してもらえず、早退する時もあまりいい顔をしてもらえませんでした。

負けず嫌いな性格もあり、勤務時間が少なくなった事でノルマを達成できない事もあったりで申し訳ないという気持ちと悔しさもありました。

でも、一番はもっと子供との時間を大切にしたいと思い転職に至りました。
 

子供を預ける事ができなければ働く事もできないので、保育園の入所決定通知が届くまではドキドキでした

(ワーママとしての転職活動で不安だったこと大変だったこと)
私は転職で別の職場に移るのではなく、個人事業主という道を選んだので資格取得をする期間は全く収入がないことが不安でした。

資格を取る勉強代、試験代結構なお金がかかりました。
そして資格を取得して、ホームページを立ち上げたり、集客をしたりすべて自分で動かなければいけませんでした。

いざ働き初めても最初はお客様が来てくれるか、月にどれくらいの収入になるのかわからずとにかく営業に回り、自分を知って頂く事を繰り返し試行錯誤の日々でした。

それとやはり保育園問題。

待機児童もまだまだいるなかでの保育園申込で、仕事はしたいけれど、子供を預ける事ができなければ働く事もできないので保育園の入所決定通知が届くまではドキドキでした。
 

なかなか子供との時間を持つのが難しかったのですが、転職後は子供の行事に合わせて仕事の時間を決められる

(転職して良かったことや後悔してること)
転職してよかった事はやっぱり子供といる時間が増えた事です。

会社勤めの時は時間を拘束されていたので、なかなか子供との時間を持つのが難しかったのですが、今は個人事業主として子供の行事などに合わせて仕事の時間を決められます。

日曜日しかなかった休みも毎月の売り上げ次第では平日に連休があることもあります。そして、やったらやった分だけ自分の収入になる所です。

時給制の時とは違い頑張れば頑張った分だけの収入につながるのでやる気がでます。
後悔したことは全くないです。
 
(IT関連会社の管理職からベビーマッサージ教室に転職)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - ワーキングマザー(ワーママ)の転職 - ,

  関連記事

希望の職種以外への転職はやる気や強い気持ちが相手に伝わらず面接で苦戦

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

子供が熱を出した際の休みにくい雰囲気がストレスになり転職を決意

ワーママならではの転職体験談。 ワーママの転職は大変だけど、今の現状を変えるには …

面接では娘の年齢や病気になった時の預け先を根掘り葉掘り質問された

ワーキングマザーならではの転職体験談。 子供がいるとこんなにも転職活動が大変だと …

スーツを着ながら子供を抱え、面接の度に託児所に預けるのは本当に大変

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

子供が病気の時に休めるかどうかはワーママの転職活動で一番不安なこと

  wowomolifeのこれまでの働くレシピより、ワーママとしての転 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社