wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

職場は未婚の先輩女性ばかりで肩身が狭かったので転職を決意

      2017/07/01

ワーママならではの転職体験談。

今回は、生命保険会社の事務から建材メーカーの営業事務に転職して働く女性の転職体験談をご紹介します。

子供がいないときの転職と比べて、ワーママの転職活動がこんなにも苦労するとは思いませんでした。
 

独身の先輩が多く、子供のことで休む際には非常に肩身の狭い思いをしたので転職を決意

(転職に至ったきっかけ・理由)
前職の生命保険会社では支払業務を担当し、事務処理の他にもお客様からの問合せが入るコールセンターでの電話対応業務もありました。

クレームの電話も少なくはなく、ストレスはかなりたまる仕事内容でした。

それに加え、職場は女性だけしかおらず、結婚していてない先輩方も沢山いました。

子供が産まれて職場復帰した後は、保育園に預けて出社していたのですが、子供の急な発熱で休みを取らなくてはいけないことや早退することもあり、その度に非常に肩身の狭い思いでした。

子供のいてる人からは仕方がないよと言ってもらえましたが、子供のいない人たちがほとんどの職場ではやはりなかなか理解をしてもらえず、本当に子供の病気?と疑われることもありました。

二人目も考えた時にこの職場では続けていくのは難しいと思い、転職を決めました。
 

二人目の妊娠・出産を考えていたときなので、都合よく転職できるか不安でした。

(ワーママとしての転職活動で不安だったこと大変だったこと)
小さい子どもがいてると急な発熱などで休まなくてはいけないときもあり、それは子供がいてる人じゃないとなかなかわかってもらえないのでその点が不安でした。

さらに私は二人目も考えていたため、転職してしばらく働いた後に産休・育休をとりたいと正直に話すと採用されないのではないかと思っていましたし、嘘をついたとしてものちのちわかるので、そんな都合のいい話ないんじゃないかと思っていました。

また子供と過ごす時間が短くなってしまうことは避けたかったので、私の希望する労働条件をのんでもらえる会社を見つけるのは難しかったです。

金融関係の事務職の仕事なら比較的再就職しやすいのはわかっていましたが、金融での仕事はもう嫌だったので、今までの職歴が生かせる職場ではないので、採用してもらえるのか不安でいっぱいでした。
 

今の職場はほとんど既婚者の方でこどももいてる人ばかりなので、とても理解があるので良かった

(転職して良かったことや後悔してること)
良かった点は、今の職場はほとんど既婚者の方で皆さんこどももいてる人ばかりなので、子供の急な発熱や、行事の時に休みを取らせてもらうことにとても理解があります。

二人目を妊娠した時、切迫流産になり仕事をしばらく休まなくてはいけなくなった時も、上司からは優しい言葉をかけてもらい、復帰後も私の体調を考えて仕事を配分してもらえました。

残業もしなくていいので保育園の迎えに遅れることもなく、子供と過ごす時間が増えました。

後悔とまではいきませんが、お給料面ではかなり減ってしまったので、その点は少し辛いです。
 

働く女性の働くレシピからのアドバイス

いかがでしたか?

職場の上長や周囲の理解は本当に大切ですよね。

出産・育児の経験がないと、子供が急に熱をだすこととか保育園の呼び出しがあるとかを理解してもらうことはなかなか難しいと思いますので、今回の転職は正しい判断だったですね。

確かに、転職してすぐに妊娠・出産となると会社に迷惑を掛けるかもしれませんが、面接のときには特に正直にお話する必要はないかと思います。

結婚している以上、子供ができる可能性はあるわけですから。

何よりも、日頃から周囲に感謝をしながら一生懸命お仕事をして信頼関係をつくっていくことが大事だと思います。

ワーキングマザーが転職活動を優位に進めるための5つのコツも併せてご覧ください。
 
(生命保険会社の事務から建材メーカーの営業事務に転職)


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - ワーキングマザー(ワーママ)の転職 - ,

  関連記事

保育園に預けていると離職後は期限付きの転職活動になるで難しい

  ワーキングマザーならではの転職活動。 子供がいるだけで転職活動がこ …

育児・家事を優先するための職種変更だけど、転職活動中は不安ばかり

  wowomolifeのこれまでの働くレシピより、ワーママとしての転 …

今しかない子供や家族との時間を大切にしたくて夜勤の無いクリニックへ転職

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

子供が小さいうちは悔しいけど、仕事よりも子供重視の働き方が良い

ワーキングマザーならではの転職体験談。 今回は、印刷業ネットショップ店長から、妊 …

保育園のことを気にしながらの転職活動は不安で不安で仕方なかった

  wowomolifeのこれまでの働くレシピより、ワーママとしての転 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社