wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

早婚はまだまだ未熟な二人が一緒になるので衝突することも多い

   

rikon


働く女性の結婚ストーリー。

働く女性にとって結婚のタイミングはすごく悩むのに、なかなか聞き辛いから誰か教えて!

今回は、24歳で結婚した働く女性の結婚ストーリーです。

※年齢による早婚/晩婚の定義は曖昧なのでここでは本人に判断してもらっています。

家に帰ると誰かがいて、話が出来て、ストレスをその日のうちに解消できるのは精神衛生上大きい

(早婚のメリット)
早婚のメリットは、パートナーがいて、お互いに支え合うことが出来るので、精神的かつ経済的に安定するところだと思います。

仕事にはストレスがつきものだと思いますが、パートナーに話を聞いてもらったり、アドバイスをしてもらったりすることで、ずいぶんと気持ちは楽になるものです。

家に帰って誰かがいる、必ず話が出来て、その日のストレスをその日のうちに解消できるというのは精神衛生上大きいと思います。

また、収入源が自分一人ではない分、いつ会社を辞めても、とりあえずは相手の給料で生活していけるので気持ちに余裕が持てます。

この仕事にしがみつかないと生活費が…と心配するような状況だと、必要以上に頑張ったり我慢しないといけないと思いますが、パートナーがいると、そういう必死さがなくても大丈夫ですし、いざ本当に仕事を辞めた時、次の仕事を探すにしても、焦って決めなくてもいいので、納得した仕事をゆっくり探すことが出来ます。
 

まだまだ未熟な二人が一緒になるのですから、お互いにまだ子供で、衝突することも多い

(早婚のデメリット)
早婚のデメリットは、たくさんあると思います。

まだまだ未熟な二人が一緒になるのですから、お互いにまだ子供で、衝突することも多いと思います。

それまで親元で大切に、あるいはわがままに育ってきているのですから、急に他人と暮らし始めると、我慢もしなくてはいけないし、今までしなかったような家事もしなくてはいけないし、最初慣れるまでは喧嘩が絶えないのではないでしょうか。

また、まだ何者にもなっていない、まだ仕事で何も達成していないうちに結婚して、一から一緒に努力して達成していかなくてはいけないので、すべての苦労を共に背負って生きていくことになります。

もうすでに人生の目標を達成して、仕事で成功して、人格的にも成長し、熟成した大人の人と結婚するのとは違い、パートナーを育てる苦労みたいなものがあると思います。
 

結婚のタイミングは自分の計画通りにはいかないので、自然の成り行きに任せるしかない

(結婚のタイミングに関してアドバイス)
結婚のタイミングは、自分で計算しきれないところがあると思います。

私も、若いうちは仕事をバリバリして、30歳過ぎたぐらいで結婚したらちょうどいいのではないか、と思っていましたが、人生、自分の計画通りにはいきません。

言えることは、早婚にも晩婚にもメリットとデメリットがあるということです。

どちらになるかは、ある程度、自然の成り行きに任せるしかないと思いますが、どちらになったとしても、うまくやれる方法があると思います。

また、逆に、どちらになったとしても、やり方次第、心がけ次第では、失敗する可能性もあると思います。

自分の適性や相手の希望を照らし合わせつつ、ベストの道を探っていくしかないと思います。
 
(24歳で結婚した働く女性)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 働く女性の結婚のタイミング - ,

  関連記事

仕事よりもプライベートを重視する方にとって早婚は最良の選択肢

  働く女性の結婚ストーリー。 今回は、23歳で結婚した働く女性の結婚 …

子供を産むことは命懸けなので、この人とお互い思えたタイミングがベスト

  働く女性の結婚ストーリー。 働く女性にとって結婚のタイミングは気 …

晩婚の場合、仕事の責任も大きくなっているので仕事との両立が難しい

  働く女性の結婚ストーリー。 早婚と晩婚ってどっちがいいの?でもな …

自分が早婚で周りの友人がまだ未婚者だと、疎外感を感じることもある

  働く女性の結婚ストーリー。 バリバリ仕事を続けたいけど結婚すると …

子供の保育参観や授業参観で若いお母さんでいられる事は早婚のメリット

  働く女性の結婚ストーリー。 働く女性にとって結婚のタイミングは気 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社