wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

医療事務は一旦仕事を離れても、また働く時に年齢に関係なく働ける資格

   

tatemono_hospital


働く女性の資格取得ストーリー。

ライフスタイルが変化する度に働き方に迷うことが多い働く女性にとって、資格は転職・復職のタイミングで有効に活用できます。

今回は、医療事務を取得した働く女性のストーリーです。
※当ストーリーは国家資格以外の資格が対象です。「国家資格で働く女性」についてはこちらです。

医療事務は仕事を一旦離れてからまた働くときに年齢に関係なく働ける思い資格取得を決めた

(医療事務を取得したきっかけ)
医療事務という資格をきいたことがなかったのですが、友達が取得するというので私も興味を持ちました。

病院で働くというのは私には無縁だと思っていたのですが、資格を取れば病院で働けると思い病院勤務に憧れて勉強してみようと思いました。

ひとりで勉強するのは出来ないと思っていて、でもスクールに通うのも、仕事をしているので無理だと思ったのですが、私が見つけたスクールは、週に2日、土曜日と日曜日それぞれ6時間を3カ月ほど通うというものでした。

少し大変だけどこれなら私でも通えるのでやってみようと思いました。
料金は10万くらいだったと思います。

それと医療事務というのは一旦、仕事を離れてからまた働くときに年齢に関係なく働ける思い取得を決めました。
 

休日に学校に行くというのはやはりしんどく、6時間の授業も座っていることが苦痛でした

(医療事務を取得する際や取得後に苦労・大変だったこと)
医療事務の知識は全くなかったので、どんな勉強をするのかわからない状態でのスクール通いでした。

最初は先生が何を言ってもちんぷんかんぷんでした。

先生は保険証の仕組みなどは知ってるものとして話していますが、私からすれば保険証の仕組みすらわからないので難しかったです。

たとえば後期高齢者の意味もわからず苦戦でした。

そして大変だったのが、スクール通いです。

休日に学校に行くというのはやはりしんどかったです。

そして授業を6時間も受けるというのが、高校生以来だったので、座っているのも苦痛でした。

でも自分でお金を払って習いに来ているので、無駄にしないように頑張りました。
 

資格を取得することによって自信がついたのと履歴書に資格を書けることが良かった

(医療事務を取得して良かったこと)
私はあまり資格を持っていなかったので履歴書に資格を書けることが良かったことです。

医療事務の仕事以外でも医療事務の資格があると賢そうに見えるような気がします。

それから医療の料金の仕組みがわかったことです。
自分が病院に行ったときに明細を見て意味がわかるのが嬉しいです。

今は医療事務の仕事をしていませんが将来医療事務の仕事をしたくなったときに役に立つと思います。

それから一番良かったことは医療事務は自分には無縁だと思っていたのですが、資格を取得することによって自信がついて憧れの病院勤務が出来たことです。

病院の中のこともわかってとても良い経験になりました。
 

医療事務は女性がほとんどの仕事で私が働いた病院は人間関係が大変で結局辞めていた

(医療事務を取得する上で知っておいた方がよい情報)
私が通っていたスクールは電卓を使って計算するものでしたが、実際働くときは医療事務のソフトを使うことになるのがほとんどだと思います。

なので実際はスクールで習ったことはほとんど必要ないのではないかと思いました。

資格を取得したあとに病院で働くことになったのですが、勉強したこととは違うパソコンの知識や病院での患者さんとのやりとりが大変だと思いました。

その中でも大変だったのが、医療事務は女性がほとんどの仕事で私が働いた病院は人間関係が大変で結局辞めてしまいました。

でも医療事務の資格を持っていると持っていないとでは、採用される確率も違ってくると思うので取得したことは良かったです。

試験はスクールで習った、電卓を使って計算するものでした。
医療事務は専門的な知識なので、おそらく一人で勉強するのは難しいと思います。

勉強内容は、医療の点数を覚えるのではなく、点数が載っている本を見ながら計算していくというものです。ただ点数を足していくのではなく、この場合はこの加算があるとか、この場合加算されないなどちょっと複雑でした。

スクールに通うのは大変でしたが、授業料はかかったけど通って良かったです。

資格は取れたので一安心ですが、取得して5年くらい経ちますが、勉強した内容はほとんど忘れてしまいました。

でも資格はずっと残るので、また将来病院で働きたいと思ったときに役に立つと思うので、その安心料だと思っています。

病院で働くと、インフルエンザの予防接種をしてもらえたり、空いてる時間に診察してもらったり、病院ならではの特典がありました。これはそれぞれの病院によると思いますが。

製薬会社からの高級なお弁当をいただきながらの薬の勉強会も面白かったです。

あと病院で働くとお昼休憩が長いのでたくさん働きたい人には向いていないと思います。

私は長期で働いていないのでよくわかりませんが、忙しい時期と忙しくない時期とあるようです。

医療事務は資格がなくても働ける職業なので今すぐ働きたい方は働きながら実践で学ぶのが良いと思います。
 
(医療事務を取得した働く女性)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 働く女性の資格取得 - ,

  関連記事

FPの知識は金融機関で働く人はもちろん、日常生活でも役立つものばかり

  働く女性の資格取得ストーリー。 ライフスタイルが変化する度に働き …

ファイナンシャルプランナーは出産・育児とライフプランに役立つ資格

  働く女性の資格取得ストーリー。 ライフスタイルが変化する度に働き …

マタニティビクスは妊婦が妊娠中快適に過ごせるお手伝いが出来る資格

  働くママの資格取得ストーリー。 働くママにとって、資格は自分のス …

経理職での転職は求人票に簿記2級以上取得という条件が多い

  働く女性の資格取得ストーリー。 今回は、簿記2級を取得した働く女性 …

資格を取得した上で経験や実績を積めば次のステップへ進める介護の資格

  働く女性の資格取得ストーリー。 ライフスタイルが変化する度に働き …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社