wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

子供と触れ合う時間が取れるように子供を優先できる職業へ転職を決めた

      2015/05/27

job_waitress

 
ワーキングマザーならではの転職体験談。

仕事と育児の両立ってホント大変。仕事を変えて今より少しでも状況が良くなればなんて悩むことも多いはず。そんなワーママの転職活動も子供がいるとこんなにも・・・独り身のときの転職とは何もかもが違った。

今回は、医療関係からサービス業へ転職して働く女性の転職体験談をご紹介します。
 

時間や子供を優先できるようにして、もう少し子供と触れ合う時間が取れるようにサービス業に転職を考えた

(転職に至ったきっかけ・理由)
私自体医療関係で働くことも初めてだったのですが、子供を学童に預けれることもありそれまでより長い時間、勤務する形をとっていました。

子供の体調不良等の場合休むこともできましたが、子供との触れ合う時間が短くなったりしたことで、子供がストレスを感じたのか、寂しく思ったのかは分かりませが、原因不明の微熱や発熱を繰り返したため、迷惑をかけることに申し訳なさを感じて退職しました。

もう少し子供と触れ合う時間が取れるようにするためにサービス業で時間や子供を優先できるように転職しました。
 

子供の急病や学校行事で休むことや土日祝の勤務が難しいと伝えると、採用を断られることが多々あった

(ワーママとしての転職活動で不安だったこと大変だったこと)
子供がいるため急病で休まなければならないことや、学校行事のある時は勤務できないこと、子供が休みの時の勤務が難しいことなどを伝えると、同じ勤務先の方々の理解が必要なので検討されると、同じように子供を持つ方がおられたとしても断られることがありました。

また時間も短くなったりするうえ、土日や祝日等の勤務が難しと「その時にこそ人手が欲しいから今回は・・・」と言われることも多々ありました。

事務などの接客以外の仕事も考えましたが、子育てをしながら今までしたことのない職種に挑戦することや、転職の理由のこともあり、また子供が原因不明の熱を出してしまったら、また迷惑をかけてしまう懸念から挑戦できなかったです。
 

子供を優先した転職をすることで子供の体調が戻り、その後、原因不明の発熱もなくなったので良かった

(転職して良かったことや後悔してること)
今までやったことのない職種で、自分には新しいことばかりで医療関係ということで、ミスすることへの恐怖はもちろんありましたが、新しいことに子育てしながら挑戦できたのに、退職することになったのは残念でした。

しかし、転職することで子供の体調が戻り、その後、原因不明の発熱もなくなったので良かったかもとも思います。

また私は高卒後から、サービス業をしていたのもあって、基本的な操作等は覚えることが困難ではなかったので、その部分は助かっていたような気もします。
 
(医療関係からサービス業へ転職)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - ワーキングマザー(ワーママ)の転職 - ,

  関連記事

転職理由が育児や家庭事情だと面接で志望理由を伝えるのに苦労する

ワーキングマザーならではの転職体験談。 今回は、生命保険会社保険外交員から生命保 …

子どもの成長と共にもう少し稼げる仕事をしたくて、潜在保育士から復帰

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

面接では娘の年齢や病気になった時の預け先を根掘り葉掘り質問された

ワーキングマザーならではの転職体験談。 子供がいるとこんなにも転職活動が大変だと …

希望の職種以外への転職はやる気や強い気持ちが相手に伝わらず面接で苦戦

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

年齢的に浮いてないか、体力は衰えていないか転職活動中は不安ばかり

  wowomolifeのこれまでの働くレシピより、ワーママとしての転 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社