wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

正社員やシングルマザーでさえ保育園に入れない現状にため息

      2017/07/03

ワーキングマザーならではの転職体験談。

今回は、食品サービス業から事務職に転職して働く女性の転職体験談をご紹介します。

仕事と育児の両立ってホント大変なんです。

だから、仕事を変えて今より少しでも状況が良くなればなんて悩むことも多いワーキングマザー。

そんなワーキングマザーの転職活動も子供がいるとこんなにも・・・独り身のときの転職とは何もかもが違った。
 

学童や保育園に入れなかったため、子供たちを優先に考えた働き方ができるために転職を決意

(転職に至ったきっかけ・理由)
子供たちを学童と保育園に入れたかったのですが、今の仕事内容では基準を満たせず(点数が低く)審査に通らなかったため、審査に通るためにも転職することを決意しました。

そもそも、学童と保育園に入れていない状態での就業だったため、常に子供たちの預け先や帰宅時間に気を配ることが最優先であり、それがままならないと仕事を続けられない状態でした。

働く日数や働く時間を増やして、審査に通るための基準を満たしたかったのですが、思うようにはならず困り果てました。

結局、学童入所と保育園入園はできなかった(審査に通らず)ため、就業時間は以前にもまして短くなり、審査に通ることはさらに程遠くなりました。

こんな状況でしたので、転職せざるをえない状況だったというのが正確なところです。
 

フルタイム正社員やシングルマザーでさえも保育園に入れない現状にため息

(ワーママとしての転職活動で不安だったこと大変だったこと)
学童と保育園に入るための就業・転職なので、審査中である以上、無職になるわけにはいかないところが厳しかったです。

現状働いているところでは審査に通るのが難しいが、職が無くなることはなく、気長に待つ選択肢もあったのかもしれませんが、預け先がないままの就業は予想以上に難しかったです。

就業時間も短くなり、そのまま審査に出しても当然入所ができないということの繰り返しで、1年間、就業しながらいいところがあれば面接を受け続けていました。

失礼ながらも現状の職場と天秤にかけ、より良い方を選びたいと思いましたが、すべて予想でしかなく迷いが生じています。

現時点では預け先がない状況で雇ってくれる企業などあるわけがないという状況でかなりジレンマもありました。

一般的には、就職が決まっていなくても探していれば学童や保育園の入所はOKと言われていますが、現状は、正社員で毎日勤務している方やシングルマザーの方でも待機(待機児童)になってしまう現状ですので途方に暮れていました。
 

転職後は企業側が子育て中の現状を最大限受け入れてくれているので後悔なし

(転職して良かったことや後悔してること)
一番には安定です。

前職はシフト制でしたし、急な残業が多い代わりに暇だと帰されたり人数を減らされたり、忙しい時間1時間とか2時間だけということが頻繁にありました。

転職後は勤務時間が決まっており、企業側が子育て中の現状を最大限受け入れてくれているので、急な休みにも今のところ対応できています。

そのため私の場合、特に後悔していることはありません。

前職は仕事自体は楽しくやっていたので、それを懐かしく思うこともありますが、前職場は私のような立場のお母さんが多く、結局仲良くしていた人はみなさん転職し、仕事以外で引き続きつながることができているのでそれについての未練もないです。
 
(食品サービス業から事務職に転職)
 

働く女性の働くレシピからのアドバイス

いかがでしたか?

働いていないと保育園に入れないし、保育園に預けていないと思うように働くことができないというのはワーキングマザーにとって大きなジレンマですね。

待機児童問題も簡単には解決できる問題ではないですが、不安な日々が続くことが無いよう、期待のできる仕組みや仕掛けができることを切望します。

ワーキングマザーが転職活動を優位に進めるための5つのコツも併せてご覧ください。
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - ワーキングマザー(ワーママ)の転職 - ,

  関連記事

小学生の親の果たす役割は多く、時間に余裕がある働き方がベスト

ワーキングマザーならではの転職体験談。 今回は、事務職正社員から事務パート、現在 …

待機児童も多かったので、保育園の入所決定通知が届くまではドキドキ

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

転職理由が育児や家庭事情だと面接で志望理由を伝えるのに苦労する

ワーキングマザーならではの転職体験談。 今回は、生命保険会社保険外交員から生命保 …

子供との時間を犠牲にしフルタイムか、収入を諦めパートで働くか悩んだ

ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント大変。転職して …

職場内の子育て世代の待遇・条件が事前にわかる転職サービスが欲しい

  ワーキングマザーならではの転職体験談。 仕事と育児の両立ってホント …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社