wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

育休中は主婦と子育てだけに専念したことで専業主婦の大変さがわかった

      2015/05/30

sales_lady


出産・育休後に働き方を変えたワーキングマザーの体験談シリーズ。

保育園のお迎え時間の都合など育児を優先させるために、正社員からパートや正社員だけど時短勤務というように働き方を変えた(変えざるを得なかった)経験のあるワーママの体験談です。
これから同じ様な悩みを抱えるワーママに少しでも参考に、少しでも勇気を与えられれば・・・

今回は、出産後はフルタイムで働くことが出来なくなり、パート扱いでネイルサロンで働くワーママの体験談です。

給与は完全に時給制にしてもらい、その方が精神的には楽ですが、以前よりは稼げ無くはなった

(仕事内容や責任、給与などの待遇面はどのように変わったか)
全く変わってしまいました。

サロンは開店の時間が遅く、閉店時間も遅いので、子育てしながら働くには、出産(結婚)前と同じスタイルで勤務するということは私だけでなく、出産したスタッフはみな工夫しながら働く必要に迫られました。

給与は完全に時給制にしてもらい、その方が精神的には楽ですが、以前よりは稼げ無くはなりました。責任の面に関してはお給料が少なくなった分、責任も少なくはなりました。仕事内容もやや変わりました。
 

時間的なことひとつとっても出産前のようにはいきませんし、働き方を変える決断はするしかなかった

(なぜ働き方を変える決断をしたのか。また、その決断の過程での困難や葛藤)
働き方を変える決断はするしかないという感じでした。

時間的なことひとつとっても以前のようにはいきませんし、お客さん相手なので、こちらの都合ばかりは押し付けられないので、勤務時間内に出来ることだけやるしかないという感じになりました。

また少し休んでいる間に中のことも、私の感覚も少し変わってしまったので、感覚を戻すことも努力がいりました。

周りに対しても申し訳ないという気持ちが出てしまったり、その気持ちをプラスへ持っていく努力もしました。

オーナーが友人なので、そのことが逆にプレッシャーになり、結婚前や出産まえとは気持ち的に(オーナーに対して)大きく違ったので、ぎくしゃくしないようにという思いも抑えながらの復帰になりました。
 

専業主婦の大変さもわかり、その上でまた働くことを選んだので、精勤的に強く、そして優しくなれた気がする

(ワーママとして働き続けることについての悩み・感じたこと)
結婚して家にいるのがいけないことのように感じたこともありましたが、一度、完全なる主婦と子育て業だけに専念できた時間により、専業主婦の大変さ(むしろその方が大変で尊敬の念も持ちました)もわかり、その上でまた外で働くことを選んだので、精勤的に強くそして、優しくなれた気がします。

家族に周りに助けられながら働くということも改めて感じ、自分自身の人生に幅がでたような気がします。

職場でお客様に、家族に、友人に・・・全ての人に対して感謝をもてるようになったような気がして、この選択を選んで本当に良かった気がしています。

子供を育てながら働くことは大変だと思います。
なるべくイライラせず、働いていることが偉いんだと勘違いだけはしないようにして行きたいと思います。
 
(ネイルサロン勤務)


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 育休後に働き方を変えたワーママ - ,

  関連記事

育休後は子供のために給料も役職も捨てアルバイトとして働くことを決意

  出産・育休後に働き方を変えたワーキングマザーの体験談シリーズ。 …

男性の育休取得は、収入が減るので積極的に取得するのは現実的には無理

  出産・育休後に働き方を変えたワーキングマザーの体験談シリーズ。 …

人生で考えると時短勤務はほんの数年の話。子供との大切な時間と実感。

出産・育休後に働き方を変えたワーキングママの体験談シリーズ。 保育園のお迎え時間 …

仕事と育児の両立は大変だけど、子供の成長する姿を他人に任せたくない

  出産・育休後に働き方を変えたワーキングマザーの体験談シリーズ。 …

母親という役割ができるのも長い人生でみると今だけだから時短勤務で働く

  出産・育休後に働き方を変えたワーキングマザーの体験談シリーズ。 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社