wowomolife

国家資格・時短勤務・復職・独立起業・転職など働く女性の働くレシピ

仕事には就業時間があるけれど、専業主婦には無いことが辛かった

      2017/07/01

専業主婦から職場復帰した女性の体験談シリーズ。

今回は、子供が結婚したり独立していき、50歳を過ぎてから学習塾の助手として職場復帰した働く女性の体験談をご紹介します。

働く女性ばかりが注目されているけど、専業主婦の存在を忘れないで!

職場復帰した今だからこそわかる専業主婦の良いこと・大変なことや職場復帰の体験談をご紹介します。
 

専業主婦は配偶者の仕事の都合に生活のリズム合わせられるから夫婦喧嘩の発生率も少ない

(専業主婦のメリット)
専業主婦のメリットは、家族の為に時間を使えることです。

子供が小さければ突然の病気などにも全て対応してあげられるし、子供好きな私にとっては育児を出来ることが何よりも幸せでした。

配偶者に対しても配偶者の仕事の都合に生活のリズム合わせてあげれますから、夫婦喧嘩の発生率は少なくなります。

家族を円満にしてあげれると言うのが専業主婦のメリットだと私はいつも思えてやってこれました。
 

仕事には就業時間があるけれど、専業主婦にはそんなものがないのが辛い。

(専業主婦のデメリット)
逆に専業主婦のデメリットは時間の区切りがないことです。

仕事は始業時間や定時など就業時間がありますが、主婦にはそんなものはありません。

家族の都合や家事の都合で毎日変わりますから。

あとデメリットをあげるとすると、主婦はあまり評価されないことです。

さらに、世間からは専業主婦は勝手に楽をしてると思われてることです。

「いいよねえ、主婦は」

そんな言葉を平気でぶつけられます。

他人に言われるのも腹がたちますが、家族にすら言われると情けなくなりますね。
 

外の空気を吸ってみたい、自分の可能性を感じたかったのが職場復帰に至った一番の本音

(職場復帰に至ったきっかけ・理由)
子供が成人し、結婚したり、仕事の都合で独立していったあたりから職場復帰を考えました。

定年退職を数年後に控えた配偶者と二人暮らしになることを想像すると出不精な主人が、出掛ける機会はあまりないような気がしていましたから、なら少しの時間でも自分が働きに出て、顔を付き合わせる時間を減らした方がよいのでは?と思いました。

あとはやはり外の空気を吸ってみたかったことや自分の可能性をもっと感じたかったのが一番の本音かもしれないですね。
 

50歳を超えた年齢や足が悪いこともあり、まずは応募できる仕事が少なかった

(職場復帰する際や職場復帰後に大変だったこと・苦労したこと)
年齢が50歳を過ぎてましたから、まず応募できる仕事が少ないことが大変でした。

足が悪いので立ち仕事が苦手なのも条件を悪くしました。

諦めかけた頃、学習塾の助手の募集を見つけ、応募だけでもすることにしました。

子供が小さい頃からそろばん塾や学習塾のお手伝いをしたことがあったので、もしかしたらやれるかもしれないと淡い期待があったからです。

テストと面接と言われ焦りましたが、なすすべもなく三教科の試験を受け、合格したときは本当に嬉しかったです。

何年振りかの感動でした。

この年齢から社会に出れた上に子供達から先生と呼ばれ、子供好きな私にはたまらなく居心地よい場所になりましたし、人間関係もスムーズなのもよかったです。

ただ、人に教える為には自分の勉強は日々精進させてもらってます。
 
(学習塾の助手。パート)
 


\この記事が参考になったら、いいね!をお願いします/

 - 専業主婦から職場復帰 - ,

  関連記事

育児を経験した女性は以前よりパワーアップしているのでもっと活用すべき

  専業主婦から職場復帰した女性の体験談シリーズ。 働く女性ばかりが注 …

シングルマザーだけどずっと親にお世話になるのも申し訳なく職場復帰

  専業主婦から職場復帰した女性の体験談シリーズ。 働く女性ばかりが注 …

時間を持て余したり、人に会わないことがストレスになり職場復帰

  専業主婦から職場復帰した女性の体験談シリーズ。 今回は、旅行代理店 …

職場復帰も保育園に入園できず貰った給料は全て一時保育料に消えた

専業主婦から職場復帰した女性の体験談シリーズ。 今回は、専業主婦から歯科衛生士の …

専業主婦の生活リズムから一転、復職後はお金を稼ぐことの大変さを実感

  専業主婦から職場復帰した女性の体験談シリーズ。 働く女性ばかりが注 …

 
トップへ看護職賠償責任保険個人情報保護方針広告掲載お問い合わせ運営会社